月別アーカイブ: 6月 2011

第34回『17代目と和菓子製作体験』ご案内

【お申し込み定員に達しましたので締切致します】6/29 7月は天保年間創業の老舗、菊寿堂17代目ご主人においで頂き和菓子作りを開催します。 目立つ看板も無い町屋のような佇まいは、雑誌に載る度探してみたけど見つからない・・・という方も。 あっさり上品な甘さが持ち味で、抹茶や煎茶を嗜む茶道家達の創作依頼も引き受ける同店。 そのご主人に特注した菓子の対になる菓子を、皆様に1つ作って頂き、織姫・彦星に見立てて詰合せます。 七夕の夜、神社を教室に特別な願いを込めながらの和菓子作りをいかがですか? こだわりのお豆の話、手で扱う事の大切さ、コツなど貴重なお話を伺いましょう。 日    時:7月7日(木)19時~ 場    所:少彦名神社 会議室 (中央区道修町2-1-8) 参加費:1000円 持参品:手拭タオル、メモ筆記具 講    師:菊寿堂義信 17代目ご主人              (中央区高麗橋2-3-1) 【生菓子につき先着予約20名限定】 お申し込みは・・・ e-mail              e_yoko_socialcollege@yahoo.co.jp TEL/FAX        06-6222-3878 (愛日堂薬局 内)              【TEL・FAXでのご連絡は月~金 9時~18時迄にお願い致します】 チラシはこちら ※お申込後のキャンセルは開催日3日前までにご連絡ください。当日のキャンセルは材料費等の実費を頂く場合がございます。

カテゴリー: ご案内 | コメントをどうぞ

植え込みしました

 やっと週末に植え込みできました 苗、ややぐったりしてるでしょうか?(汗)  ひとつはベランダに、ひとつは窓辺の花台に置いてみました 写真は雨の日でくらいですが日当たりは良いです ただ、雨続きで水を控えていたら足りなさすぎた様子 枯れないで~(>_<) 空庭さんでも土を頂くことができましたが 近所のスーパーでも手軽にちょうど良いサイズの土を入手できました (ラ○フで1.2リットルサイズの「花の土」120円くらい) ふっくらと土を入れていたので水やりしたら沈んでしまったので あと少しが欲しいときにちょうど良いサイズですね とりあえずまずは枯れずに小蔓がでることが今の目標です

カテゴリー: 開催後トピック | コメントをどうぞ

第33回 『中央区のなにわ伝統野菜を作ろう!』開催報告

最近の大阪では徐々に知られるところとなっているなにわの伝統野菜。 その中でも界隈には一番近い所発祥の『玉造黒門越瓜』のお話をグリーン業界ではちょいと知られた谷町空庭の 山内さんの所へお伺いしての開催となりました。 さて、まずはなにわ伝統野菜のざっくりした説明と『玉造黒門越瓜』について。 まずはぼんやり黒門って黒門市場あたり?ととぼけた事を思っていたのですが「玉造」ですから違いますよね。 森ノ宮にある玉造稲荷神社あたりで作られていたらしいのですが、大阪城の南東にある玉造門は黒塗りの門であったことから 黒門と呼ばれておりそこから来ているらしいのです。そして名前の最大の謎は越瓜と書いてなぜ白瓜と読ませるか??ですね。 白瓜と呼ばせるのは熟すると白くなるからそう読ませるらしいのですが、この『越』おわかりでしょうか? 古代中国南部の国の名前でそこの原産だから、だそうなのです。 そしてオドロキの知識が瓜は瓜の前にどこから来たかがついている!胡瓜、西瓜、南瓜とか??明日使える雑学ですね~ そしてもう一つオドロキなのはこのなにわ伝統野菜はそれぞれの元!ということです。 今回ご用意いただいた粕漬けも大阪以外では通称奈良漬けだと思いますが、昔この越瓜を奈良の僧侶が持ち帰り 粕漬けにしたから奈良漬けと名付けられたらしいのです。なので粕漬けと奈良漬けは同じ物なんですね。 それに同じなにわ伝統野菜に天王寺蕪という物がありますが、これが昔長野に運ばれて栽培したところ、 気候の違いで根は余り大きくならず葉が良く成長した野菜があります。これがなんと野沢菜!オドロキです。 これらなにわの伝統野菜は味は良いので各地に広められその土地にあった形になり、また人の手による改良を加えられてゆき 元々の原種に近い物はなくなっていったのです。それは先にも書いたように味は良いものの栽培にそこそこ手間がかかること、 収穫量が少なかったり、形が不揃いであることからやはり流通には向かないということからなのでしょう。 それでも伝説の味の良さ。近年復活の兆しがあるのはそのあたりでしょうか? 今回ご用意頂いた試食用の漬け物は粕漬けが四天王寺の漬け物屋さん『西むら』さんのモノ。そして関西ではまだ季節が早い 瓜の浅漬けは九州の物。それぞれに美味しく頂きました。粕漬けにはちょいとお酒が欲しくなりましたね。 その後実際の越瓜の栽培方法、注意点などを伺い、自分の苗を選びました。 実際に植え込みをして行っても良いとの事だったのですが思いのほか苗に対して大きな鉢が必要だったので 植え込んでしまっては持ち帰れない!ということで皆さん都合の良い状態で持ち帰ることとなりました。 さて、週末には私も植え替えをしてみます。なにぶんいつも根物はすぐに枯らせてしまうのですが今回は頑張ります! 今後の成長記録はまたこちらでご報告! 最近緑のエコカーテン流行ってますよね。園芸店でもゴーヤの苗が飛ぶように売れているらしいですがこの玉造黒門越瓜は 放っておくととてつもなく葉が茂るとのこと。来年、大阪市民の皆さんはこの越瓜のエコカーテンを流行らせてみます?

カテゴリー: 開催報告 | 2件のコメント

長谷氏講演会好評利に終わる

本日、e-よこ逍遥 講演会 「幕末期から明治期の東横堀川 三休橋筋界隈で活躍した歴史人物を語る」 が、好評のうちに終了しました。 ほぼ満員のお客様にお越し頂きました。 築地蟹島のお話では、本日のメインテ-マと、長谷様が言われてるだけに、大阪会議のお話を熱心に語って頂きました。 高麗橋・渋谷利兵衛商店・大阪銀座跡・船宿 河内屋与次兵衛跡・・と話は続きます。 三休橋筋のお話に入りますと、 勝 海舟寓居 専稱寺跡のお話は、皆様感心されていました。 2時間の講演会はあっという間に終了。 ステンドグラスの大変美しい礼拝堂に皆様も大満足! アンケ-トでも大変良かったとお書きいただいた方がほとんどでした。

カテゴリー: 開催報告 | コメントをどうぞ